GTIとA 250スポーツ比較テスト結果表です

車体/走行快適/エンジンとミッションの部分では、GTIが、最後の走行性ではA250が良かったです。 A250は確かに室内空間や視野、そして快適さなどでは落ちましたが走行性では少しですがGTIより前になります。前述したAMSの結果とも似ていないかと思います。

これで整理をちょっとしてみます。今まで新たに出てきたGTIの総合的な評価は、 “優れている”ということでした。特に、パフォーマンスパッケージが適用されたGTIは、多くの面で競合他社よりも先に、あるいは対等な能力を見せてくれていたのです。性能と実用性、快適など、すべての面で均等に満足を与えるホットハッチはGTI程度ではないかと思います。もちろん、車を選ぶ基準は、このようなもの以外にも多いです。そのため、車の優先基準が必ずしも販売の結果につながるとお約束をすることもできないでしょう。しかし、

いくらドイツのベンツ、アウディ、BMWが良い車といっても、少なくとも準中型だけはまだゴルフが一番上にあること、そしてこれが高性能モデルに範囲を広げても、その構図は変わらないということにGTIは実力で証明しています。なぜ広告のコピーにそのように力を入れたのか少しは理解できますよね。皆さんもそうですか?時間に追われて急いで投稿をしてちょっとぎこちない部分もあるでしょう。多めにみてください。もっと詳しく調べたい方はこちら⇒http://xn--senobic-153f0tw77viw4c.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です